Follow by Email

Sunday, January 11, 2015

Review of Dance Theatre of Harlem (Photos and program)

Today's stage program of the Dance Theatre of Harlem 
was great with excellent dances and music with full house.
Thank you so much for inviting me to the program.
Program:

rehearsal

show time












reception


初舞台終わりました。

ハーレムのダンスシアター団による
美しいバレエをじかに見ることができて
このようなイベントで年が明けるのは
いい感じです。

お陰さまで、沖縄舞踊ファンが増えました。
ーーーーーー

舞台裏話その1

今日も、またショービジネスの世界を満喫できた。
ハーレム・ダンスシアター現場に開演一時間前に到着。
45年前に設立されたダンスシアターは
ロビー受付(チケット販売)、
待合室、客席付きステージ、レッスンフロア、
広いレセプション部屋、いくつものロッカールームなど
充実した設備が整っています。
ロビーのソファーに腰掛けてしばらく待っていると
元バレエダンサーの係りの男性が楽屋に案内してくれた。
個人用のロッカールームに通された。
とても清潔なロッカールーム。
そこの小部屋に荷物を置き、
扇と陣傘を手に持ち、早速舞台のある2階へ案内してくれた。

ステージディレクターさんが挨拶にくる。
彼女に音源のCDを手渡す。
予測した通り、舞台の入り口が上手、
アメリカの踊りステージには、上手下手のしきたりはない。
そして、下手がふさがっているスタジオも多い。

フロアはかなり広い、ソロで踊るにはもったいないほど広い。
上手から登場して、中央まで即座に歩数を目で確認、
登場歩み数を即興でカウント、
CDの音が鳴る、上手のカーテンを係りが開けてくれる
ここでもリハは一回のみ、数回やらせてくれるなんて時間は持たせてくれない。
上手から登場して上手に入るから
普段の踊りを速変えておどらないといけなくなる。

由緒あるダンスシアター、ディレクターさん見る目がすごい、
沖縄舞踊に対して、かなりの理解度。
すごく良いダンスと言ってくれて、まずは満足。
着替え部屋にもどり、30分で舞台衣装に着替える。

今日のラインナップで、
とくに記憶にのこるプログラムは、タップダンスの男性、
小柄な身体でパワフルな表現力、
フレンチの曲での創作も素晴らしい。
拍手が一番大きかったように思えた。

プログラムは、
わたしが2番目、踊りの説明が一番長くなっていた。

舞台で一番好きな瞬間は
開幕寸前の幕内でダンサーたちと
ラインナップしている間の緊張感が
なんともいえず良い。

みなで顔みあって「OK」ねとサインを出す。
さあ、ショータイム、
司会のアナウンスが聞こえてくる
しずかにはじまり、パワフルにおどり、
しずかに&スムーズにおわった。

ーーーー

Next Sunday Matinee:
February 8, 3:00pm

Dance Theatre of Harlem Company
New York City Center Season
Apri 8 - April 11

Please contact: dancetheatreofharlem.org










No comments:

Post a Comment