Follow by Email

Monday, June 17, 2013

Lessons of Weaponry of Okinawa

I will start Karate and weaponry lessons this week, and am going to take a moment and explain about brief background of Okinawan weaponry.

この夏は、少しお休みを頂きますので、
その期間に以前通っていた空手教室で稽古を付けていただけそうなので、
その前に、空手と古武道に関してのおさらいをしておきたいと思います。
琉球舞踊は空手の所作が基本とされています。
扇子を持つ両手は胸の手前に構えます。日本舞踊や能舞のように左手は胸より下の位置に構える立ち形は沖縄舞踊と違う点で、沖縄舞踊の基本立ち姿勢は、相手サイドに自分の心臓を衝かれないため常に両手で防護をする構えとなります。
額に手を当てる所作も空手の護身の手が基本です。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
[from Wikipedia]
Definition of the term Okinawan kobudō [edit]
Okinawan kobudō is a Japanese term that can be translated as "old martial way of Okinawa". It is a generic term coined in the twentieth century.
Okinawan kobudō refers to the weapon systems of Okinawan martial arts, included the rokushakubo (six foot staff, known as the "bō"), sai (dagger-shaped truncheon), tonfa (handled club), kama (sickle), and nunchaku (chained sticks), but also the tekko (knuckledusters), tinbe-rochin (shield and spear), and surujin (weighted chain). Less common Okinawan weapons include the tambo (short stick), the hanbō (middle length staff) and the eku (boat oar of traditional Okinawan design).

古武術に関しては、次の文章をコピーさせていただきました。

[ウッキペディアより]沖縄では、琉球王国時代より各種の武器術が首里・那覇の士族を中心に行われていた。正史『球陽』(1743-45年)には、17世紀に「槍棒の法あり」との記述があり、薩摩服属後も琉球士族の間では槍術棒術が稽古されていことが分かる[1]。広く知られている俗説の一つとして、琉球には禁武政策により武器がなかったため、徒手空拳の空手(唐手)が発展したとの説があるが、現実には薩摩服属後も琉球士族は武器の所持(鉄砲を除く)を禁じられておらず[2]、こうした武器術は引き続き稽古されていた。実際、当時の空手家は、空手以外にも同時に剣術、槍術、棒術、弓術、術等も併せて稽古しており、こうした武器術の名人は何人も知られている。例えば、槍術の西平親方、剣術の具志川親方、弓術の油屋山城等である[3]。また、本土の剣術・槍術・薙刀術も稽古されており、剣術は示現流が多かった。18世紀には琉球士族の間で示現流が伝承されており[4]首里手松村宗棍のように薩摩に渡って示現流を修業する首里士族もいた。
一方、那覇でも久米村士族を中心に独自の武器術が伝承されていた。1867年、尚泰王の冊封のために来琉した冊封使の歓迎祝賀会で、「鉄尺」、「棒」、「藤牌」、「車棒」等の武器術が披露されている。鉄尺は釵、藤牌は盾と手槍を用いたティンベー術、車棒は節棍術と考えられている。
また、刀剣類以外にも、ヌンチャクトンファーなど、非刀剣類の武器術も盛んであった。こうした武器術の歴史は判然としないが、士族の隠し武器(暗器)として発展した説と、ティンベーやサイも含めて琉球武術で使用される多くの武器が、中国や東南アジアで使用されている武器と形状や名称が共通しているため、貿易による交流で取り入れられたという説などがある。なお、庶民的な道具を起源としているが、庶民がこれらの武器術を稽古していたわけではない。あくまでも首里・那覇の士族が中心である。ただし、棒術では糸満村(現・糸満市糸満)の糸満マギーや添石親方に師事した知念村字志喜屋(現・南城市)の知念志喜屋仲など、平民出身の武人もいた。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 Sai dance
 
 
 

No comments:

Post a Comment